2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
こころのヨガ(3)
2010/09/06(Mon)
目が語るメッセージ

たかい空に夏の雲がぽっかり浮かんでいます。
京都ではコンコンチキチンという祇園祭のお囃子が聴かれる季節となりました。

私は、毎年この時期に、アメリカのエネルギー医学会に参加するため
コロラド州のボールダーにいっております。

4回目の参加となった今年も、懐かしい友人達との再会と
新しい友人達との出会い、たくさんの気づきをいただいて、
あたたかい気持ちになって帰ってきました。

この学会で、2年前に“眼が語るメッセージ”という講演ワークショップを行いました。
たくさんの眼の写真を示しながら、瞑想や眼をつかった癒しのテクニックなどを実践し、
参加された方たちには、眼からのメッセージを十分感じとっていただくことができました。

このことは、文化を超えて万国共通なのだという思いを強くしましたので、
今回はそのお話をしたいと思います。

ご存知の通り、眼はものを見るところですが、
実は、たくさんのあなたの情報をアウトプットしている場所でもあるのです。

つまり、眼は外からの情報を取り入れるだけでなく、
逆にあなたの内面からのメッセージを伝えているのです。

私達の外見は、洋服やお化粧などで演出したり変化させたりすることができます。
表情ですら意識的につくることができるのです。

でも、眼の表情はどうでしょうか?
決して意識してつくることができない、変えることができないのが眼の表情なのです。
ですから、眼の表情にはあなたの本当の姿が表れているといっても言い過ぎではないのです。

たとえば、元気がなかったり、睡眠不足の場合、
眼がトロントしていたり、細くなったりしていませんか?
これは、肉体的なエネルギーが低下していることを表しています。

うれしいとき、悲しいとき、顔でどんなに平静を装っていても、
眼からその感情があふれています。

それから、眼にはあなたのスピリチュアルな意識の状態も現れています。
それは、眼のかがやきとそのかがやきの深さからわかります。

世界の精神的な真の指導者、聖者といわれる人の眼をみると明らかなのですが、
そういった人たちの眼からは、全てを見通すような深い眼の表情と、
慈愛の光のようなものがあふれ出ているような感じを強くうけます。

こんなことを思いながら、あなたの周囲の人を見てみると、
今までとは違った面が感じられるのではないでしょうか。
言葉にならない心の表情を感じ取れるかもしれません。

では、あなたの眼はどうでしょうか?
写真にうつった眼だけをみてもいいでしょうし、
鏡に顔を映し、眼だけをじっと見つめてもいいかもしれません。

どんなことを感じるでしょうか?
そして、その眼にうつった自分に語りかけてみてください。
眼は何をあなたに伝えようとしているでしょうか?

そして、あなたからの感謝を、眼にうつるあなた自身に伝えてみてください。
その時、あなたの心の琴線に何かがふれることでしょう。

「インナームーブ」2008年7月号より  国際ヨガ協会・発行
スポンサーサイト
この記事のURL | こころのヨガ | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://womensmeeting.blog101.fc2.com/tb.php/38-5af273f4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。