2018 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 07
呼吸の不思議
2014/07/02(Wed)
ある日、ゆっくり呼吸しながら瞑想をしていた時のこと。
気持ちが落ち着き、ただ気持ちよく呼吸をつづけていました。
あまりの気持ちよさに、ふと、呼吸を十分感じてみようと思いました。

呼吸を感じていると、呼吸は、自分の意識とは関係なく、
寝ている間も、ほかのことで頭を悩ませている間も、
ずっと絶えることなく行われているのだなあ、としみじみ感じました。

自分が動かそうと意識しなくても自動的に動き続けている。
私が動かしていないのなら、誰が、何がこれを動かし続けているのでしょう?
すべての動植物に等しく働きかけている、
この何かは、一体、何なのでしょう?

いのちの力とでもいえばいいのでしょうか?

いのちの力は、肉体や脳やDNA、環境や時代でさえも、作る原動力。
思考や感情の反応もまた、いのちの力によって創られているとしたら、
私という個の意識でさえ、いのちの力によって作られている。
そして等しくすべての生物の意識さえも。

そう思うと、私という個別に存在しているという意識は、
意味がないような感じさえしてきて、
私って本当は何?という疑問がわいてきます。

個別性はない、といって、自分が存在していないわけでもない。
何もないようでいて、でも、何かがそこにある不思議な感覚。

生きるためだけでなく、いのちの力を感じるために、
私達には呼吸という誰にでも感じとれるものが備わっていることが、
ありがたく、また不思議な感じがしました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://womensmeeting.blog101.fc2.com/tb.php/118-efff059c

| メイン |