2015 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2015 05
2015年 新緑の阿波、女神ツアー ~日本の女神の源流を訪ねて~
2015/04/10(Fri)
2015年 新緑の阿波、女神ツアー ~日本の女神の源流を訪ねて~

隠された女神の聖地、阿波。
阿波が、実は、天照大神、オオゲツヒメ、イザナミノミコト、卑弥呼をはじめとする、
多くの日本の女神の故郷であることは、あまり知られていませんでした。
けれども、阿波の地に宿る女神性、母性は、そこなわれることなく今へと伝えられています。

自然の中に在る「女神」と同時に私たち自身の中に在る「女神性」。
女神性はすべての人に備わっている生命を生み出し、慈しみ、育む力の源。
単に肉体上の男女の性別のことを意味しているのではありません。

今回は、新緑の中、2泊3日というゆったりした時の中で、さまざまな聖地を巡り、阿波の地に宿る日本の女神の源流に触れ、明日を生きる活力が高めていきたいと思います。

☆道先案内人:松前兼一(阿波の聖地巡りコーディネーター)
☆女神案内人:明石麻里(女神研究家・心療内科医)

【日時】   2015年5月8日(金)-10日(日)
【募集定員】 10名
【参加費 】 55,000円(徳島空港までの交通費は別)
-参加費に含まれる費用(宿泊費・バス代・セミナー費)
-参加費は、お申込みの5日以内にお振込みをお願いします。
  尚、お振込みの確認を持って正式なお申込みとさせて頂きます。
-お振込み口座  みずほ銀行 高輪台支店 普通 1054215 カ)アイウィルビ-

【お申込みフォーム、情報掲載】
HP http://iwillbe.co.jp/inbemousikomi.html よりお申込みいただけます。

アイウィルビーHPの新着情報にも掲載しております。 http://iwillbe.co.jp/
Facebook  https://www.facebook.com/events/1624925714406646/

【行程表】
5/8(金曜)
07:25 羽田空港07:25発 JAL1431便
08:40 徳島阿波踊り空港着
08:45 参加者ご集合徳島阿波踊り空港ロビー 
09:10 高速バス乗り場(松茂とくとくターミナル)にて関西方面参加者ピックアップ
聖地めぐり後、宿泊先(つるぎの宿 岩戸荘)にて女神のワークショップ。

5/9(土曜日) 阿波の聖地めぐり
宿泊先(油屋 美馬館)にて、阿波の歴史研究の第一人者、
林 博章先生のセミナー:阿波忌部と阿波世界農業遺産について(仮題)
  
5/10(日曜)聖地めぐり後
18:30 松茂とくとくターミナル到着 関西方面の方解散
18:40 徳島空港着 解散。徳島空港19:40発JAL1442便 東京羽田20:35着

参拝、訪問するところ;大麻彦神社、大粟神社(ご祭神のおおげつひめ、は食や命を産み育むの女神)、天磐戸神社、伊邪那美神社、十二所神社(イザナギノミコト、イザナミノミコトの住居あと)、高越山(阿波富士と言われた聖地)、山川忌部神社、吉良忌部神社、種穂忌部神社、矢倉姫神社、埴谷姫神社など参拝。
また、5/10午前中には林先生による農業遺産に関連する場所のご案内の可能性も検討中です。

【交通機関】
・東京からの参加
 羽田空港07:25発 JAL1431便 徳島阿波踊り空港 08:40着
 徳島空港19:25発 JAL1442便 東京羽田空港   20:35着
・関西名古屋方面からの参加
 名古屋方面の方は、前日移動をお勧めします。
大阪神戸京都方面の方は、当日の高速バスでも何とか間に合います。当日高速バスでご参加の方は、松茂とくとくターミナルで下りて頂いたら、そこでお待ち頂いて結構です。空港を出たバスは、松茂とくとくターミナルで皆さまをピックアップ致します。
(参考)
山陽バス: 阪神三宮発7:20→高速舞子7:45→松茂着8:50
(電話 078-7966-3715 )
JRバス:JR大阪発6:40→高速舞子8:00→松茂着8:59
(電話 088-602-1090)
お帰りは
山陽バス:松茂発18:45→高速舞子19:45→三宮着20:20
JRバス:松茂発19:03→高速舞子20:06→大阪駅着21:30

企画、運営、お問い合わせ、お申込み: 松前 兼一  
    株式会社アイウィルビー教育事業部
    〒152-0023 東京都目黒区八雲2丁目15-16
    TEL 03-6324-7300 FAX 03-6310-3483
    HP:http://iwillbe.co.jp/inbemousikomi.html 
MAIL matumae@iwillbe.co.jp
    携帯  090-3186-1802    
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | TB(0) | ▲ top
アルケミ―ワークショップ開催いたしました。
2015/04/10(Fri)
4月5日の午後、アルケミ―ボウルのワークショップを開催いたしました。
クリスタルボウルの中でも、エメラルドなどの鉱物を混合して作られた
アルケミ―ボウル。
それを手に取り、鳴らして、じかにその音、響きを体験しました。
日常とは違う音の世界、とてもリラックスできました。

20150405_154553.jpg
20150405_155108.jpg
この記事のURL | 未分類 | TB(0) | ▲ top
クリスタルボウル演奏会、ありがとうございました。
2015/04/10(Fri)
4月5日、クリスタルボウル演奏会を開催させていただきました。
多数ご参加いただきありがとうございました。
春の日曜の夕方、素敵な時間を共に過ごせましたこと、
感謝いたします。

20150405_133725.jpg
この記事のURL | メッセージ&ブログ | TB(0) | ▲ top
2015年春分の阿波女神ツアー感想
2015/04/04(Sat)
2015年の始まりを祝う春分の旅にふさわしく、春の温かい陽気に恵まれた2日間の旅でした。
大麻比古神社、四国八十八ヶ所霊場の第一番、霊山寺のすがすがしいご神気。
拝殿の真上に輝く太陽の恵みを受けた大粟神社。
山川町の忌部神社、天村雲神社で、忌部の歴史や大麻の大切さを再認識させていただきました。

日本一美しいと言われる穴吹川の清流と山の緑に囲まれた静かな宿で、
素晴らしいお風呂に入った後の、楽しい夕食。
そして、女神セミナーでは、忌部の歴史や大宜都比売の話の後、
二人組や絵を描くワークをして、
福澤 諸さんの、あわの唄、ケサラ・ケサラの曲から阿波に宿る母性を感じました。

翌日の、天岩戸神社での、祈りの時間。
吉良の忌部神社からは、高地集落をみながら、忌部の循環農業を感じることができました。

やさしい雰囲気の伊邪那美神社。
国生みをされた伊邪那岐、伊邪那美の命のゆかり深い、十二所神社と尾山古墳。
そして、旅の終わりを、鳴門の二見ヶ浦で締めくくることができました。
沼島を遠くに眺める浜で、波の音を聞きながら、阿波忌部が表す母性愛の側面にもう一度、思いをよせると、
オレンジ色の美しい夕日が旅の成就を祝ってくれているかのように輝いていました。
安全で、楽しく、充実した旅ができましたのも、ご参加の皆様のご協力と阿波の神様のご加護のたまもの。
心より感謝いたします。

11072230_865572910176900_1328666790_n.jpg
この記事のURL | 未分類 | TB(0) | ▲ top
| メイン |