2013 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2013 03
2013年3月30日 セミナー「体と心と魂の癒しの習慣」
2013/02/26(Tue)
2012年3月31日、佐藤 伝さんの朝カフェで、
「体と心と魂の癒しの習慣」についてお話します。


伝さんの朝カフェは習慣に関する著作100万部突破の
伝ちゃん こと 佐藤 伝 のユカイな交流会。

朝活のパイオニアとして、10年以上続いています。
出会いとビジネスへのヒントが、てんこもり!

今では毎月満員御礼でキャンセル待ちが出るほどの大盛況。
全国各地から集う各界のワクワク元気人たちと、夢へのエネルギーをチャージしましょう。
思いがけないビジネスのヒントや、生き方の気づきがあるはずです。

初めて参加するという方が、全体の3分の1くらいいらっしゃいます。
知らないところにはじめて行くというのは、ちょっぴり緊張しますが、
その緊張感を楽しんでみましょう。

男女の比率は、4:6くらいです。年齢も実に幅広く、職業も偏ることなく多種多様です。
人生は、ゆかいなラボ(実験場)。
たまには、ちょっと冒険してみるのもいいかも。

NHKテレビ「おはよう日本」や 雑誌「日経ビジネス・アソシエ」など
マスコミにも数多く取材されています!

場所:東京、新宿御苑前駅徒歩すぐ
詳細はhttp://satohden.com/asacafe/をご参照ください。

スポンサーサイト
この記事のURL | イベントのお知らせ | TB(0) | ▲ top
女神の聖地ツアー:阿波徳島
2013/02/19(Tue)
【明石麻里さんと行く女神セイクリットツアー】
~女神の聖地を巡り阿波忌部に母性を感じる旅~

昨秋企画した、日本最高の聖地の一つ、
阿波の聖地を巡る「阿波女神セイクリットツアー」は、大変感動的な旅となりました。
参加者の方々から、「これほど価値の高いものだと思わなかった。また参加したい。」との声を頂き、
私自身も新たな気づきがありました。
 
時代は理性原理(科学技術文明)から感性原理(精神文明)へと大きく移り変わろうとしています。
そこで気づかされるのは、古代日本の文化は女神と共に生まれ、
女性の感性を生かした社会であったからこそ、
日本人の心の中に全てを受け入れる精神性が生まれたのではないかということです。

阿波はまさしく女神の国でした。
伊邪那美という名の神社は、日本中で阿波にしかありません。


日本の女神の聖地を巡りながら、平和的感性と、
女神の母性と重ね合わせながら旅してみたいと思います。

ご縁のある皆様と共に阿波の地で魂の体験をわかちあうことを願いつつ。。。

☆道先案内人:松前 兼一(阿波の聖地巡りコーディネーター)
☆女神案内人:明石麻里先生(女神研究家・心療内科医)
☆感性案内人:チャッキリ(即興アーティスト・インド音楽の最高峰が認めた音楽家)
☆忌部案内人:林 博章先生(阿波忌部研究第一人者)


【日時】   2013年3月22日(金)-24日(日)
【募集定員】 15名
【参加費 】 55,000円(徳島空港までの交通費は別)
-参加費に含まれる費用(2泊4食宿泊費・バス代・セミナー費・コンサート料)
-参加費は、お申込みの5日以内にお振込みをお願いします。
尚、お振込みの確認を持って正式なお申込みとさせて頂きます。
【お申込み、お問い合わせ、企画運営】
株式会社アイウィルビー教育事業部 松前 兼一  
〒108-0074 東京都港区高輪3丁目6-11k高輪ビル5F
 TEL 03-5795-0741 FAX 03-5795-0832
 MAIL matumae@iwillbe.co.jp
 携帯  090-3186-1802
 お申込み振込口座  みずほ銀行 高輪台支店 普通 1054215 カ)アイウィルビー

【スケジュール】
3/22(金曜)
9時:徳島阿波踊り空港出発。
9時10分;松茂とくとく高速バスターミナルにて関西方面参加者ピックアップ
阿波一宮大粟神社:五穀豊穣の女神・大宜都比売命(オオゲツヒメ)の母性を感じる。
悲願寺:女王卑弥呼が1,000名の巫女と暮らした場所。
天寓岩:卑弥呼が祈祷した聖地(秘境)、チャッキリ演奏。
立岩神社:大粟神社の奥社 再誕生を体験。
鴨島セントラルホテル宿泊:阿波古代史セミナー 林博章先生

3/23(土曜)
天岩戸神社:波動の高さは比類なき聖地、チャッキリ演奏
つるぎの宿岩宿泊:女神セミナー&瞑想会 明石麻里&松前兼一さん   
講演「女神の時代」 明石麻里 

3/24(日曜)
忌部神社:奥の黒岩
川島神社:阿波忌部の里を一望できる絶好の場
天石別八倉比売神社;卑弥呼の葬儀を執行した場所
18時;松茂とくとくターミナル到着 関西方面の方解散
18時15分 徳島空港着 解散

【交通機関】
・東京からの参加
 羽田空港07:25発 JAL1431便 徳島阿波踊り空港 08:40着
 徳島空港19:30発 JAL1442便 東京羽田空港   20:40着
・関西名古屋方面からの参加
 名古屋方面の方は、前日移動をお勧めします。
大阪神戸京都方面の方は、当日の高速バスでも何とか間に合います。
(参考)
山陽バス: 阪神三宮発7:20→高速舞子7:45→松茂着8:50
(電話 078-7966-3715 )
JRバス:JR大阪発6:40→高速舞子8:00→松茂着8:59
(電話 088-602-1090)
お帰りは
山陽バス:松茂発18:45→高速舞子19:45→三宮着20:20
JRバス:松茂発18:35→高速舞子19:36→大阪駅着21:00

徳島泊は、徳島駅前「東横イン」がお勧めです。

この記事のURL | 未分類 | TB(0) | ▲ top
| メイン |