FC2ブログ
2018 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クリスタルボウル演奏会、ありがとうございました。
2015/04/10(Fri)
4月5日、クリスタルボウル演奏会を開催させていただきました。
多数ご参加いただきありがとうございました。
春の日曜の夕方、素敵な時間を共に過ごせましたこと、
感謝いたします。

20150405_133725.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | メッセージ&ブログ | TB(0) | ▲ top
ダヤログインザダーク
2012/08/12(Sun)
ダヤログ・イン・ザ・ダーク体験をしました。

暗闇の中で過ごす体験。
参加者のみんなと、歩いていって中にあるものを触ったり。。。

見えないから、触覚や嗅覚などの他の感覚をつかって
何があるんだろう、どうなっているんだろう、みんなはどこにいるんだろう、
って感じながら過ごした90分。
なんだか、自然の中にはいった時の感覚と似ていました。

自分が心地いいかどうかや、自分のなかでおこる感情を、
いつもよりダイレクトに感じたような気がしました。

もっと長い時間、暗闇のなかで過ごしたらどう感じるんだろう?

外界のものを感じる感覚は鋭くなって、自分の内面への気づきもふかまるような気がしました。

この記事のURL | メッセージ&ブログ | TB(0) | ▲ top
愛宕神社:愛と赦し
2011/12/03(Sat)
愛宕神社におまいりにいきました。
友人と二人、気楽なハイキング気分でいったのですが、意外ときつくて、往復5時間かかりました。
山登りといったほうがいいかもしれません。

途中では京都を一望できる場所もあり、とても気のいいところ。
山頂は少し寒いくらいでした。

三門から、しばらく歩き、広場の横をとおり、階段をあがったところに、本殿、拝殿がありました。
社殿のなかは、何ともいえない優しいエネルギーで満ち溢れています。

拝殿で参拝し始めると、何かが私の魂にふれ、涙が流れだしました。

何に感動しているののか、自分でもわからないのですが、
嗚咽に近いほど心がゆさぶられました。
一緒にいった友人はそんな私をそっとしておいてくれました。

家にかえってから、はっと気づいたのです。
私が感じたのは、赦しと愛のエネルギーだったことに。
女神様は、何時も私達を見守り、どんな未熟なことをしても、赦して、愛して下さっている。

それなのに自分はどうなのか?
自分には赦せていないことがたくさんあることに気づいた時、
またもや泣けて仕方ありませんでした。

無条件の赦しと愛。。。
それは、観音様からも、イエス様からも、つたわるもの。
つまり、仏教、キリスト教といった宗派、宗教を超えた、
普遍的ないのちの有りよう。

人間と言う衣をきた、私達の本質のなかにあるもの。
でもそれに気づかず、自分を人を傷つけてしまう未熟性。

その未熟性を理解し受け止め、それゆえおこる感情を味わい、
つらさをも慈しみ、手放し、前へ進むことが、赦しのように、今感じています。

慈悲とは、慈しみ悲しむと書きます。
未熟性や感情を受け止める時、わいてくるのは悲しみの感情。
そしてそれを慈しむ時、慈悲が慈愛になるのではないでしょうか。。。。

一歩一歩なんですね。。。。



この記事のURL | メッセージ&ブログ | TB(0) | ▲ top
ペパー先生のセミナーがありました!
2011/05/02(Mon)
4月28-30日に、エリック・ペパー先生の災害支援のための講習会がありました。
エリック・ペパー先生は、サンフランシスコ州立大学健康教育学教授、ホリスティックヘスル研究所所長で
バイオフィードバック(BF)やストレスケアの世界的第一人者。

セラピューティックタッチ(TT)の先生でもあり、
TTを創始された、ヒーラーのドラ・クンツさんと20年以上もTTセミナーをしてこられました。

ペパー先生が来日されるたびに、TT、セルフケア、BFによるヒーリング、の通訳をさせていただいてきました。
今回も28,29日と通訳させていただき、30日は参加者として、学ばせていただきました。

ペパー先生はとても楽しく、明るく、気さくなお人柄。一緒にいるだけで癒されてしまう先生です。

今回のセミナーで学んだことをご紹介しますね。

支援者の心がまえ
1)ストレスやトラウマにさらされている人は病人でなく、
  困難な状況では誰にもおこりうる心身のストレス反応にさらされた正常な人であること、
2)支援者は助ける人、被災者は助けられる人といった、一方通行、縦割りの関係ではないこと
3)支援者は、心身をよりよい状態にするテクニックをお伝えし、共に実践する人であること

上記の心構えで、被災された方に接することを強調されました。


ストレスケア、トラウマケアのポイント

1)おきている心身の反応は、ストレス反応として当たり前と安心すること
2)まず、筋弛緩法や呼吸法などのリラクセーション技法を使って、
  体の緊張反応をときほぐすこと
3)わきおこる感情を受容すること
4)体の感覚に意識を向けること
5)そして、少し余裕ができたら、きもちや考え方をきりかえていくこと
6)自分にできる現実可能な小さなことでいいから、行動を起こすこと

ストレスケア、トラウマケアの注意点

体験されたトラウマの話は、自然の中でお話されれば、傾聴すればよいけれども、
意図的に、支援者の方から話を聴きだしたり、話していただくように勧めないこと。

なぜなら、意図的に繰り返しつらい体験の話をすることで記憶がよみがえり、
よりストレス反応が強くなり、逆に状態を悪化させてしまうことが多いのです。

ですから、トラウマを思い出させる場面の映像などは、繰り返し見ないように、
特に子供の場合は、そういう映像を見せないようにすることが必要となります。



この記事のURL | メッセージ&ブログ | TB(0) | ▲ top
祈りの時間
2011/03/18(Fri)
この時だからできることをして、この時だから愛を育んでいきましょう!!


今回の震災による全ての困難が癒され、希望が満ちますように、祈りの時間を持っています。

祈りは、
・震災の沈静
・被災された方々と救援活動をされておられる方々の安全と健康
・亡くなられた、人々や動植物達のご冥福
・今まで生活をささえてくれたにも関わらず、破壊されてしまった自然や社会施設などへの感謝
・日本全国の安全と救援サポート

に対して捧げたいと思います。


毎日、夜0時に10分程度、友人達と心をあわせて祈っております。
もし、一緒にいのっていただければ、より強い祈りになると思います。

時間が遅いために参加できない場合でも、
時間にとらわれずに、祈っていただければと思います。

祈りの方法は、皆さんのしやすい方法で結構です。

私が、お勧めするのは、
1)気になる場所に、天から光のエネルギーが降りてきて、広がっていくのをイメージする。

または、
2)天から癒しのエネルギーが体にはいってきて、それでみたされる。
  ハートから一杯になったエネルギーが周囲に放たれ、皆さんの地域をカバーし、
  その後、関東・東北をカバーする。
  そして、日本全国をカバーし、地球全体に広がる。
  最後に、広がったエネルギーを自分に戻し、ハートに治めるというものです。
  常にエネルギーは天から流れてくるのを意識して下さい。

注意点としていくつか。
・あまり、気負わずに
・リラックスして、温かい気持ちで
・あなた自身が温かい光で癒される感覚を味わってみてください。

・何より、温かいもので一杯になったあなた自身が光になるのですから。


よろしくお願い申し上げます。

土井麻里
この記事のURL | メッセージ&ブログ | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。