2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
グラストンベリー2011(2)
2011/07/20(Wed)
今回グラストンベリーでは“re-thinking conference"という
2012年を目前にして、これからの世界や生き方を考える、感じるためのカンファレンスがありました。

私の尊敬するクリスティン・ページ先生はじめ
神々の指紋のグラハム・ハンコックさんら、
総勢8名のスピーカーのお話やワークショップがありました。

世界中から300人近い参加者が集まっていました。
なかで、アジア人は私と、スピーカーのインド人の方だけのようでした。

テーマは意識についてですが、

皆さんのお話のメッセージは、

自然や地球と繋がって生きること、
意識を広げる、無意識にアクセスすること、
自分をみつめて、魂の声をきいて生きること、
大いなるものの愛を感じ信頼すること、
そして自分の中にたくさんの可能性があること、

といったことでした。

中でも、モスクワ、パリ、ロンドン、ワシントンへの平和を願う旅を、
徒歩で、しかも無銭で旅された、インド人のStarsh Kumarさんのお話は本当に感動しました。

26歳の時、モスクワやパリでの平和の行進に参加したいと思い立った所、
尊敬するグルに、本当に願うなら、徒歩で、しかも一円のお金も食べ物も持たずに
したほうがよいと言われて、友人と二人で実行されたんです。

最終のワシントンにつくまでには、様々なことがおこり2,3年ののち旅は完了しました。

Kumarさんのお話は智慧に満ちていました。

自分が全ての人とコミュニケーションできるようになったのは、
インド人でもなくヒンドウー教徒でもなく、”地球人”と思えたことが大きかった、

今の教育が知識に偏りすぎていること、
本当の学びは自然の中に全てあり、3つのH、head, hand, heart、を使うことが大切なこと

3つのS, soil, soul ,society (大地、魂、社会)を大切にし、
多様性を生かしながら繋がりあうこと、(unity and diversity)

そして、生活の中に自分を感じる時間・空間をもつこと

彼は、イギリスに住み、環境等をテーマにした雑誌を編集し、学校を設立。
自分の体験をもとにより本質的な教育を実践しておられます。

ページ先生も多様性を生かしながら繋がりあうこと、(unity and diversity)
が2012年のカギとはなされました。

最後にみんなで、ジョンレノンのイマジンを歌って会は終了となりました。
みんな、涙をながしながら、手を繋いで、一つの歌を歌っていた時、
異なる人種、異なる人生をすごしながらも、
究極の思いは一つ、そして本質的には一つにつながっていることを
全員が感じが瞬間でした。

スポンサーサイト
この記事のURL | イギリスパワースポットの旅 | TB(0) | ▲ top
グラストンベリー2011(1)
2011/07/03(Sun)
グラストンベリーにきています。
ここはマグダラのマリアも滞在したといわれる女神の聖地。

グラストンベリーを再び訪れたいと思っていたところ、
Prophets Conference - re-thinking- が開かれることをしりました。

conferenceでのスピーカーは、クリスティン・ページ先生、グラハム・ハンコックさん、フレディ・シルバさん、ダニエル・ピンチコックさん、ダイアナ・クーパーさん、キーシャ・クローワーさんら、8人。

2012年という変化の時期を迎え、個人が、そして人類がどう生きていくか、
意識を深く豊かにして共に考えていこうという趣旨のconferenceです。

conferenceについては後にお話しするとして、
グラストンベリーについてお話しましょう。

ここは、アーサー王伝説もあるイギリスの聖地です。
街のシンボルともいえるのは、トールとよばれる丘です。

昔は、トールのあるところは島で、巡礼の人々は、近くの村から船でその島へわたったそうです。

その近くの村には、聖ブリッド(女神ブリジッド)と彼女を慕う巫女たちが住み、
聖なる島を守っていました。

トールの上にたっている塔は、街のどこからでも見ることができます。


トールの斜面にある、らせん状になっている小道をあるいて、頂上にたどり着くと、
冥界への入り口があり、準備ができている人達は、冥界への変容の旅を続けたそうです。

この記事のURL | イギリスパワースポットの旅 | TB(0) | ▲ top
イギリス:ストーンサークルとパワースポットの旅(3)最後のびっくり!
2008/09/30(Tue)
2008.9-イギリス-078
これでイギリスの旅はほほ終了したかとおもったのですが、
最後に極めつけの出来事が、帰りの飛行機にのるまでにおこりました。

なんと、ヒースロー空港までの道をまちがえてしまったのです。この後におよんでナビがあてにならず、
まよいにまよった挙句、しかたなく空港のレンタカーデスクに行くことにしました。

ところが、たどりついたデスクは無人デスクで、おいてあったインターフォンで話しをすると、
ともかくレンタカー営業所まで車をかえしにこいとのこと。
すでに出発時刻の1時間前になっていました。
営業所の行きかたをきき、やっとの思いでレンタカーを返し、空港カウンターに着いたのは、
なんと、出発時刻の30分前をきっていました!

もうだめかもしれないと思いながらも、込んでいるエコノミーのカウンターを無視して
ファーストのカウンターに直行しました。もちろんチケットはエコノミー。
ところが、運よく飛行機に乗れたのです。ちょうど、国内線の乗り継ぎ便が
10分ほどおくれていたこともあったのでしょう。
機内に無事のりこんだ私の夫は、これからは心から神様、女神様を信じると断言していました!

パワースポットには、心の奥に秘められた何かを呼び覚ます力があるように感じます。
自分自身の魂の探求、つまり、自分がどこからきてどこに行こうとしているのか、自分が誰であるのか、
それを感じさせてくれる場所がパワースポットなのです。
パワースポットに実際に身をおくことは、地球とのつながり、宇宙とのつながり、
そして自分の魂とのつながりを感じる入り口になるのではないでしょうか。

この記事のURL | イギリスパワースポットの旅 | TB(0) | ▲ top
イギリス:ストーンサークルとパワースポットの旅(2)遺跡、さらにホメオパシー病院
2008/09/30(Tue)
2008.9-イギリス-174
さらに、レイランにそってイギリスの西端までドライブし、聖地、セント・マイケルズ・マウントにもいきました。
これは、岸から数百メートルのところにある小島にたてられた教会です。
干潮時には砂浜から島までつながる歩道が現れるのですが、干潮時以外は海面下に沈み、船でしか島へはいけないところが、フランスのモンサンミッシェルそっくりなのです。
ここはまず二つのエネルギーラインが最初に交差する地点として有名です。
この場所からみた大西洋は格別でした。

イギリス南西部はCornwell地方とよばれ、ストーンサークルや聖なる泉の宝庫といわれています。
私達も、メン・ナン・トール、ナインメイデン、マリーメイデン、などの遺跡めぐりをしました。

ストーンサークルや聖地を満喫し、一路、ロンドンまで戻りました。
ロンドンでは、1日弱しかあませんでしたが、ロンドンホメオパシー病院や大英博物館を訪れました。

ロンドンホメオパシー病院では、患者さんは家庭医から紹介され予約で診察をうける
システムになっているようです。
病院内には癒しのエネルギーが感じられ、薬局には自然療法のオイルやエッセンスなどもうられていました。またガンのケアのための代替療法センターが併設され、ホメオパシー、針、各種マッサージ、レイキ、
アロマセラピーなどが行われていました。

また、ボランティアによるスピリチュアルヒーリングも行われていたことにも驚きました。
スピリチュアルヒーリングは患者だけでなく、スタッフ、訪問するだれでも受けることができたため、
私も受けさせていただきました。私を担当した男性ヒーラーはただ私のそばにすわるだけで、
エネルギー調整をしたようでした。

日本で言うなら、東大病院にホメオパシー科や代替医療センターがあるようなもので、
日本も学ぶべきことがまだまだ多いことを感じました。

大英博物館を訪問できたのは数時間でしたので、初めからエジプトコーナーにいくと決め、
みたいものを絞って見学しました。
一階のエジプトコーナーはいってすぐにあった女神ヌートのえもいえぬ笑顔は必見です。
ものすごいエネルギーを感じました。そこでお祈りをして、たくさんの像や棺、パピルスに記されたエジプト死者の書をみました。エジプトコーナーではただ懐かしく、幸せな気持ちでいっぱいになりました。
いつかエジプトにいきたい、そしてイシス神殿を訪れたいという想いがふつふつと沸いてきました。

この記事のURL | イギリスパワースポットの旅 | TB(0) | ▲ top
イギリス;ストーンヘンジとパワースポットの旅(1)
2008/09/30(Tue)
今回は、ストーンサークルとエネルギースポットをめぐるイギリス巡礼の旅でした。
全行程は1週間。計1300kmのドライブと1日平均8km程度のウォーキング(最高で1日15km!)。エネルギースポットめぐりに必要なものは“脚力と根気!”だとつくづく感じました。

イギリスには西端にあるコーンウォール岬から南東端のホプトンまで通るエネルギーライン
(レイライン)があります。そこには陰陽2つのエネルギーライン(聖マイケルのラインとマリアのライン)が
交差しながら走っているといわれています。

今回はその約半分を旅し、セントマイケルズマウント、グラストンベリー、エイブベリー、ソールズベリー、
ストーンヘンジなど、様々なストーンサークルや二つのエネルギーラインが交差した
聖地や遺跡を訪ねました。

印象的だったのは、石柱や巨石からなる遺跡の近くには必ずといっていいほど泉があったことです。
泉は女性的なエネルギーの象徴で、石柱は男性的なエネルギーの象徴といわれています。
古代の人々は、石柱を目印に旅をし、そばの泉で喉を潤したのかもしれません。
また、その周りで儀式を行い、泉の水による浄化や癒しと、祈りがささげられたのかもしれません。

ヒースロー空港につくと、レンタカーをして、まずイギリス国内屈指の大聖堂のある
ソールズベリーという町へ向かいました。大聖堂は聖母マリアにまつわる教会で、
その広場に歩くマリア像があったことも印象的でした。
翌日は、ストーンヘンジやエイブベリーのストーンサークルを訪れました。
そして、その翌日にはグラストンベリーへと向かいました。

イギリスの聖地として有名なグラストンベリーには、
標高150mの丘の頂に塔のそびえる“トール”と呼ばれる場所があります。2008.9-イギリス2-088

町のどこからでも見える丘の頂上には、西から東に強い風がふきぬけ、エネルギーの通り道だと感じました。そして、塔の中心に立ったとき、天と地をつなぐ強いエネルギーの流れも感じました。

また、トールのふもとには美しい庭園にかこまれた聖なる泉“チェリスウェル”があります。
赤みを帯びた水は癒しの水として有名で、キリストの聖杯がそこに眠っているという伝説があります。
ここでは訪れた人は静かに瞑想をしていました。やさしいエネルギーに満ちあふれ、
そこにいるだけで癒されていくような感じがしました。2008.9-イギリス-074


グラストンベリーには他にもパワースポットがいくつかあります。それらを訪れたとき、“ここを知っている”という懐かしさと、以前そこにいた時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わいました。
そして、自分がなぜここを旅しているのか、今の自分につながるものは何なのか、
わかったような気がしました。

グラストンベリーでは、Goddes Temple(女神の神殿)も訪ね、秋分を祝福するセレモニーにも参加しました。
グラストンベリーで、とまったB&B(ベッドアンドブレックファースト、欧米式の民宿)のオーナー女性はステキなクラニオセイクラルのセラピストでした。とても懐かしい感じがして、話しをすこししただけで通じ合うものがあり、互いに見つめめあいうるうるしてしまいました。

この女性はグラストンベリーのGoddes Templeを創設し、Goddes Festivalというセレモニーを
始められたキャッシー・ジョーンズさんと長年の友人で、一緒にイベントなどされているとのことでした。
私も1度は参加したいと思っていたイベントに関係するご縁がこんな形でできるとは、
これも女神様のご縁でしょう。

グラストンベリーには、マグダラ通りやマグダラ教会があり、イエスの伴侶であった、
マグダラのマリア様がおられた足跡が確かにありました。
グラストンベリー修道院のマリアのチャペルでふしぎな光の写真がとれたのも
何かの啓示だったのでしょうか!

この記事のURL | イギリスパワースポットの旅 | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。