2018 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 07
第3回京都 女神サークルをしました。
2012/04/21(Sat)
今日、2012年4月21日土曜日、第3回 京都女神サークルをしました!
お集まりいただいた御参加の皆様、ありがとうございました。

この日に集まれた奇跡に感謝です。
皆さんと、感謝、願望の祈りを共にし、
光と一体となる瞑想の旅をわかちあうことができ、とても幸せでした。

自分を信じ、大いなるものを信頼すること、
いつでもマリア様に抱かれていることを忘れずに
日々過ごしていきましょう!

2012-04-21 14.48.01


参加されたたがたの感想です。

「とても楽しく癒されました。」

「ティンシャで清めたり、机や壁の雰囲気など、
 よりディープに自由になってこられた感じがします。
 お医者様ならではの、理科系ぽいっとろこと、
 スピリチュアルなところのバランスがいいと思いました。
 誘導瞑想はいつも最高です。」

「Hav Do Beはとても参考になりました。
 マリア様の瞑想、とても気持ちよく落ち着いた気持ちになりました。
 家でもまたやってみようと思います。」

「マリア様から先生がうけとられた自分を信じてというメッセージが
 一番心に残りました。
 いろいろな感謝に気づきたこともとてもよかったです。」

「とても楽しかったです。内なる心に響き、
 色々な思いから、涙が出てしまいました。
 また参加させていただきたいと思います。」

「深い愛を学びに、というメッセージのもとで始まりました。
 自分が何をしたいのか、よくわかりました。」

「信じること(祈ること)の大切さを再認識しました。」

「ありがとうがいえてよかったです。」

「楽しかったです。愛一杯!」

「エネルギーワークでなく、言葉で、顕在意識からのアプローチによって
 感情、思考の両方から癒されました。参加して良かったです。」

「聖母マリアについてもう少し詳しく聞きたかった。」
スポンサーサイト
この記事のURL | 過去の女神サークル | TB(0) | ▲ top
第1回 女神フェスティバルの感想(1)
2011/12/04(Sun)
11月20日、東京自由が丘で、第1回女神フェスティバルが行われました。

月音先生のごあいさつ。
月音先生は、第2部で女神のイニシエーションをして下さいました。
_IGP8895.jpg

池田明子先生の、「女神が愛したハーブ」についての講演、面白かったです。
マートルは、女神アフロディーテのご神木。
マージョラムは、ヴィーナスが創りだしたハーブ。
聖母マリアが胸につけていたのは、マリーゴールドだとか。
もっと聞きたかったです。
DSC_0102.jpg


菊池和子先生は、
自分の体は自分で元気にできる!!!。死ぬまで元気に生きる自然治癒力がある!!!
と、熱のはいったお話でした。
私達へのメッセージの奥にある、深い愛情を感じて、
私は、涙が流れてとまりませんでした。
DSC_0111.jpg

私の講演では、大地の女神がテーマ。
世界各地では、男女の神々や女神が国生みをした神話があります。
それは、生物だけでなく、この国も、地球も、宇宙も同じようにできていったのです。
全てを作りだすエネルギーは私達の中、
仙骨のチャクラに(セイクラルチャクラ)にあります。
といったお話と、イメージ瞑想をいたしました。
また、病と感情の関係、不安をかかえきれないと下痢、怒りが蓄積するとうつになると
いったお話もさせていただきました。
短い時間でしたが、盛りだくさんのことをお話しました。
DSC_0123.jpg
この記事のURL | 過去の女神サークル | TB(0) | ▲ top
第1回女神フェスティバル感想(2)
2011/12/04(Sun)
第2部のワークショップは、女神のカードをそれぞれひいていただき、
月音さんのファシリテートによる、女神のエネルギーと繋がるセレモニーがありました。
そして、ヴィーナスと繋がる瞑想。

私は、体がふらふらする位、充実した女神のエネルギーにひたりました。
女神のカードは、「もう私にぴったり!」と何人ものかたから感想を伺いました。

そして、無意識に隠れている、自分の内面の美しさや強さを感じる
ワークを行いました。
皆さんの顔がどんどん変わって、キラキラ輝き始めるのをみるのが、
とてもうれしい瞬間です。

また新たに30名近い女神が誕生、開花しました!!

_IGP8910_20111204093427.jpg

<ご参加いただいたみなさんの感想です。>
全体に対して
・すごく楽しかったので、是非次の機会も参加したいです。
・女性として何ができるか考える、よい企画でした。次回の企画楽しみにしています。
・とても有意義でした。一つ一つのテーマをもっとじっくり聞いてみたいです。
・内容が深く、いい時間を過ごすことができました。
・いろんなハーブティーを試飲できおいしかったです。
・とても素敵でわくわくした縁日でした。もっと楽しみたかったです。

池田先生へ
・池田先生の話は何度きいても身になります。ハーブ、アロマ、自然治癒力の底力に感銘します。
・池田先生の、自尊心とオポノポノのお話はとても心に響きました。
・いろいろなハーブの話、女神との関連、もっと聞きたかったです。
・大地と地球と生物とどうバランスをとっていくか、全ての人の使命と思いました。

菊池先生へ
・菊池先生の美しさとエネルギーに満ちあふれたパワフルなお姿をみて、それだけで元気をもらえました。
・目からうろこ的な話でした。
・あなたがあなたを大切に、というメッセージが涙が出るほど伝わりました。
・自分の体を大切にしようと改めて思いました。

月音先生へ
・イニシエーションでのエネルギーでワークショップへの気持ちが高まりました。
・音のクリアリングで場が創られ良かったです。
・儀式のようで神聖でよかったです。

明石へ
・優しい語り口に癒されました。今まで体験したことのないワークでした。
・優しい愛に包まれたような瞬間でした。魂からのサインを見逃さずに自分を大切にしようと思います。
・もっと女神の話をききたかった。自分が女神に近づけた気がしました。
・自分の内面と向き合う良い機会になりました。自分の仕事、今後やりたい仕事で、勇気と力を与えて頂いた気がします。本当にありがとうございました。

ご参加いただいたみなさま、一緒にあたたかい時間と空間を味わえたこと、心から感謝いたします。
また、ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!!!!

女神縁日の一こまです。
_IGP8912.jpg
_IGP8914.jpg





この記事のURL | 過去の女神サークル | TB(0) | ▲ top
仙台:女神と出会う午後の感想
2011/07/31(Sun)
7月24日に仙台で女神と出会う午後をしました。
女神セミナーと遠藤園子さんのクリスタルボールの演奏会のコラボでした。

今回はアテナと観音様がテーマになりました。
アテナが今回のテーマという直観が来た時、
そうか、と思いました。

アテナは智慧と工芸の女神。
そして、街をつくる女神でもあるのです。

自分の願い、思いが、ハートにおりて、愛とむすびついた時、
智慧になります。その智慧をにしていくパワーを
アテナは持っています。

これから新しい街づくりが必要になってくる東北地方に、
アテナのサポートがあるんだと感じました。

無題4

そして、皆さんの願い・思いを智慧にして実現していくためのワークをしました。
笑いと、涙と、歓びを分かち合うことができて、とても幸せでした。

そして観音様はもちろん慈悲の女神さま。
全ての根源の音、つまり愛の化身。

音のワークをした後、園子さんのクリスタルボールの音のシャワーで、
すっかり癒されました。

修正4


ゴーン、コーン、ポーン。
何とも言えない波動に包まれ、
胎児に戻ってゆらゆらゆれている感覚です。
ゆらゆらゆれているうち、気持ちよく眠ってしまい、
終わりのベルでハッと気づきました。

音の祝福、そんな感覚がしました。

お手伝いいただいた方々と、
最後の最後までのこっていただいた参加者の方々との
記念写真です。

無題2














この記事のURL | 過去の女神サークル | TB(0) | ▲ top
東京女神ワークの感想
2011/06/27(Mon)
6月26日に初の東京での女神ワークショップをしました。
今回は、定員をオーバーする参加者のかた達と、
温かい時間を過ごすことができました。

午前中は世界や日本の女神様達の紹介と女神ワークの意味、
のお話と、内なる女神を感じるエクササイズやワークをしました。

女神様の話となると私も熱が入ります!
関西のべたなギャグも入り、笑いと涙の時間でした。

午後は、女神の目ざめに焦点をあて、アトランティス文明につながる女神の聖地
マルタ島の神殿や眠れる女神像を紹介しながら、女神になるワークをしました。

また、阿波(徳島)が日本の多くの女神のふるさとであり、
日本の女神さまのなかにも、目覚めの時(表に出るとき)をまっていた、
そしていま出ようとされている女神様達がおられこともお話しました。

そして最も大切なことは、単に神話のお話や遠い女神の世界の出来事でなく、
私達が女神として目ざめることです。

私達の内なる、美しさ、光、強さを感じ、信頼し、表現していくことが求められています!

この記事のURL | 過去の女神サークル | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ