2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
統合医療女性の会で、神話の女神のお話をしました!
2012/12/31(Mon)
神話の女神とピンピンキラリとした女性の生き方

古来から、女神は、女性性がもつ神秘的な生命力や、全てを包括する愛と調和の精神として敬愛され、
神話の中にイキイキと表現され、語り継がれています。

神話の中の女神はいずれも個性あふれ、魅力的でユニークな特徴を備え、
その生き方には、私達が元気に輝いて生きるための、智恵やヒントが数多くつまっています。

女神は、私たちが素敵に生きるためのアドバイザーや先生。
女神ゆかりの聖地を訪れると自分自身の人生が変化していくことさえおこります。

すべての生き物が健康に生き続けるためには、
私達が、自然と共生し社会的にも環境的にも調和のとれた生き方をしていくことがカギ。
直観や感性を大切にしながら創造的に物事を変容させ見守る女神の精神が必要です。

聖地の写真を交えて、お話させていただきました。
ご参加いただいたみなさんの温かい思いと、
講演をとおして分かち合いたかった思いが一つになったように感じました。

感激のあまり、講演最後には涙が出て、言葉につまってしまい、
渥美英子先生が、福澤もろさん作詞の「ケサラ ケサラ」を代読してくださり本当によかったです。

統合医療の場で、女神のお話ができることは、
健康や幸せの深い意味をみんなで感じあっていこうという現れ。
新しい時代の到来です。
スポンサーサイト
この記事のURL | 統合医療 | TB(0) | ▲ top
いのち輝く医療とは?シンポジウムの感想!
2011/08/29(Mon)
2011年8月26-28日、富士山麓で、生命情報科学シンポジウム(ISLIS)が行われ、
ミニシンポジウムー命輝く医療とは?―に参加しました。

2011.8命輝く医療とはシンポ 002


このミニシンポは、ヒーリングの視点からの医療のあり方を
ディスカッションし、学び、交流していくことを目的として
2009年から行われるようになりました。

今回のテーマは、東日本大震災の医療支援の体験から感じられた、
「生き方が呼び覚ます自然治癒力―被災地から学ぶ生き方のヒント」でした。

セルフケア指導、代替療法やヒーリングの実践による支援や事例報告、
こころのケア、医療援助者・セラピストの心構えやセルフケアなどについて、
講演、発表、ワークショップがおこなわれました。

私は、2009年8月の第1回のシンポジウム、2010年3月春の大会につづき、
今回で3回目の講演となりました。

今回は、被災地におけるセルフケア、心のケア、カウンセラーとしての心構え、
について講演し、7月に気仙沼で実践した医療支援の報告をしました。

このミニシンポを主にコーディネートしているのは、国際ヒーリング看護協会(IHAN)です。
この協会は、看護に代替療法やヒーリングによるケアを実践することを目的として、
昨年,設立されました。

理事長の中 ルミさんは、深い智慧と愛、高い理想をもったとても素敵な看護士さん。
実践の場として、訪問看護ステーション・ルミナスの運営をされておられます。

今回、IHANが行った3度の医療支援の報告が、鈴木玲子さん、中ルミさん、積山鉄平さんからありました。
現地の人々に必要、かつ適切なケアが行われていることに、感動しました。

また気導術のワークショップでは、栃内壽則先生から、
簡単にできる、体のセルフケアとしての気導術の方法を教えていただきました。
私も肩のこりが楽になり、教えていただいたテクニックを実践したいと思います。

パネルディスカッションでは、心のケア、今後の支援や医療のあり方、について、
各演者にシータヒーリングの串田 剛先生、IHANの新田美津恵さんを交えて、
ホットオープンな討議が行われました。

2011.8命輝く医療とはシンポ 039


ここで分かち合い、学び合ったことを、互いに明日からの医療・ケアの実践に生かしていきたい!
と強く心にきざみ散会となりました。

熱い思いの仲間達とこうして交流し、高めあえることはとてもうれしいことです。
私も参加でき、とても感謝しています。

また、ボランティアとして様々なサポートを頂いた、
服部真由子さん、成田さん、ありがとうございました。
この記事のURL | 統合医療 | TB(0) | ▲ top
2010年統合医療学会阪奈支部大会のおしらせ
2010/01/09(Sat)
きょうは、お知らせです。

統合医療学会阪奈支部の支部大会が2010年1月23日に開催されます。

今回は、遺伝子の暗号、サムシンググレートで有名な、村上和雄先生の講演会があります。

村上先生は、遺伝子をオンにして幸せになる秘訣、科学とスピリチュアリティの統合を説いておられるます。
そのあたたかで、素晴らしいお人柄からにじみ出る楽しく分かりやすいお話は、
いつも感動を覚えます。

当日は、タッピングタッチというリラクセーション法を開発された、中川一郎先生の講演と体験実習、
バイオフィードバックやセラピューティックタッチを世界中で指導されている、エリックペッパー先生(サンフラン州立大学教授)の健康と癒しの秘訣の講演もあり、盛りだくさんです。
私も瞑想体験実習を担当します。
からだ、こころ、魂のよろこぶ、愛にあふれ、生活に役立つ講演会になると思います。

日時;1月23日10時から17時30分、関西医科大学付属滝井病院

10:00-10:10 ごあいさつ 竹林直紀(アイプロジェクト統合医療研究所所長、ナチュラル心療内科TAKEBAYSHI院長)
10:10-11:30 特別講演:エリック・ペッパー博士(サンフランシスコ州立大学教授)
       ”セルフケアと癒しのエッセンス”通訳付き
休憩
12:30-14:00 特別講演:村上和雄(筑波大学名誉教授)”心を変えて人は進化する。”
14:00-15:00 ワークショップ 土井麻里(関西医科大学心療内科助教)”生活に生かす瞑想”
休憩
15:15-17:15 ワークショップと特別講演 中川一郎(ホリスティック心理教育研究所所長)
       ”タッピングタッチ:ホリスティックなケアの技法 ーふれあいとケアしあう社会へ向けてー”
17:15-17:25 閉会のあいさつ  中井吉英(統合医療学会阪奈支部長、関西医大心療内科名誉教授)
17:25-17:30 活動報告

 お問い合わせは、
日本統合医療学会阪奈支部、
TEL/FAX 06-7492-0843
jact_hanna@mail.goo.ne.jp

参加費は事前振り込み:統合医療学会会員10000円、一般11000円です。
振り込み先:郵便振替口座 00980-8-205723
通信欄にセミナー名をご記入ください。
振り込み先名義:ニホントウゴウイリョウガッカイ(IMJ)阪奈支部


皆さんと会場でお会い出来ればとてもうれしく思います!!

ありがとうございます。



この記事のURL | 統合医療 | TB(0) | ▲ top
セラピューティックタッチセミナー
2009/02/28(Sat)
セラピューティックタッチというハンドヒーリングのワークショップセミナーのお知らせです。

私が運営にたずさわっている日本統合医療学会(IMJ)阪奈支部が主催です。
昨年は半日のミニセミナーでしたが、今回は2日間で、
じっくりヒーリングの真髄に触れていただきます。
前回同様、今回も私が通訳をさせていただきます。 

講師のエリック・ペッパー先生(コショウではありませn!)はとてもステキなエネルギーの方です。
一緒にいるだけでたのしくって癒される方です。


◎セラピューティックタッチについて◎
セラピューティックタッチ(TT)は、自己治癒力(癒しの力)を高める手当て療法の一つです。
TTは、欧米で、医療現場、看護領域で広く用いられ、その効果の研究も進められてきました。
TTは、身体、心、魂のすべてに働きかけ、治療者と患者の双方が本来持っている癒しの力や、
両者の間にある癒しの場を高める作用を持っています。
ペッパー先生は1970年代初めよりTTの創始者であるドロレス・クレーガー博士や
ドラ・クンツ女史(ヒーラー)とともにTTを実践し、多くの方々に教えてまいりました。
今回は、実技実習の時間を多く、TTの本質を学ぶまたとないチャンスです!

講師
エリック・ペパー博士 (Erik Peper, Ph.D.)
米国サンフランシスコ州立大学 健康教育学部 教授
同大学 ホリスティック医療研究所 所長
欧州バイオフィードバック財団(BFE) 会長
米国バイオフィードバック学会(AAPB) 元会長
米国バイオフィードバック認定協会(BCIA) シニアフェロー
カルフォルニア州知事賞受賞: Healthy Computingの功労

開催日:4月11日(土)-12日(日)
開催時間:10:00ー17:00(開場9:30)
会場:1日目 関西医科大学南館臨床講堂2階
 2日目 関西医科大学附属枚方病院講堂13階
参加費:事前申し込み:会員・・・20000円
  日本統合医療学会IMJ会員
        日本ホリスティック医学協会会員・学生(学生証提示)
事前申し込み:一般・・・23000円
      当日申し込み・・・・・・25000円
   
お問い合わせ
【主催】日本統合医療学会(IMJ)阪奈支部 
〒570-0075 大阪府守口市紅屋町5-2
TEL &FAX   06-7492-0843 
http://www.imj.or.jp/   http://jacthanna.blog122.fc2.com/
この記事のURL | 統合医療 | TB(0) | ▲ top
日本統合医療学会阪奈支部大会のお知らせ
2008/11/28(Fri)
本大会(研究会)では、身体と心と魂、人と社会と自然など、
さまざまな形のつながりを回復する医療とは何かということについて、
福岡県立大学准教授で真言宗僧侶でもあるアドラー・コリンズ・慈観先生と、
ホ・オポノポノなどのハワイの伝統ヒーリングと統合医療を、
カフナ(ハワイ伝統ヒーラー)の夫と共に実践されているハワイ在住の
福田美穂先生にご講演していただきます。

日時:2009年1月24日(土)  13時-17時 (12時30分開場)
会場:関西医科大学附属滝井病院 南館2F臨床講堂
対象:医療従事者・代替療法家・セラピスト・ケアに携わる専門家

13:00-13:30開会の挨拶 :竹林直紀 ( アイ・プロジェクト統合医療研究所所長 心療内科医 )        【 統合医療の現状と今後の展望 】             
13:30-15:00   特別講演/ワークショップ : 福田美穂 ( 医学博士、内科医 )  
        【ハワイ伝統医療と統合医療 】
15:00-15:15   休憩 
15:15-16:45   特別講演/ワークショップ : アドラー・コリンズ・慈観 
                                ( 英国看護師、教育学博士 )
【 看護ケアにおけるヒーリングの役割 】
16:45-16:55   閉会の挨拶 : 中井吉英 IMJ阪奈支部支部長
                                ( 関西医科大学心療内科学教授 )
16:55-17:00   活動報告

*プログラム・講師・タイトルは、事前の予告なく変更になる場合があります。何卒ご了承ください。

IMJ阪奈支部

E-mail : jact_hanna@mail.goo.ne.jp
FAX : 06-7492-0843

振込先:郵便振替口座 
00980-8-205723
*通信欄に大会参加費と明記してください。 
振込先名義 : ニホントウゴウイリョウガッカイ(IMJ)阪奈支部
参加費 : 一般5000円 
会員4000円 
学生3000円 


アドラー・コリンズ・慈観
英国看護師、英国救急救命士、教育学博士。
アロマセラピーなどの各種代替療法資格取得。
日本で真言宗の僧侶となり
百日行を行う。
福岡県立大学附属研究所
ヘルスプロモーション実践
研究センター准教授。
日本で初めて、大学での
看護教育にヒーリングの
プログラムを導入。

福田美穂
長崎大学医学部卒。医学博士。内科医。
瞑想、ハワイ伝統医療、スピリチュアルカウンセリングなど様々な療法を
ベースに統合医療を実践。
福岡県中間市福田整形
外科を拠点に、エルアホオ
ロミロミ、薬草療法、
ホ・オポノポノなどの
ハワイアンヒーリングの
セミナーを行っている。



この記事のURL | 統合医療 | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。